このページの本文へ移動

Loading

お見積もりのダウンロード 見積もりWEB

異形切断

アルミ異形切断

異形切断の形状例

フライス加工+ 異形切断の形状例


*角落としは、C10 以上・R 切断はR50 以上となります。

切断可能範囲・切断寸法公差(mm)

切断内容 母材サイズ 母材サイズ切断可能範囲 切断寸法公差
円形切断 1,525 × 3,050
1,000 × 2,000
1,250 × 2,500
1,250 × 3,050
MIN φ 100
MAX φ 1,500(φ 980、φ 1,230)
φ 500 以下-0 〜 +3
上記以外-0 〜 +4
異形切断 MIN 50 × 50
MAX 1,525 × 2,500
全サイズ 片肉につき-0 〜 +3
フライス加工
+異形切断
形状によるため
その都度、事前にお問い合わせください
異形切断部-0 〜 +3
フライス加工部
 フライス加工公差に準ずる
リング切断 板厚 1t 〜 150t
外径 φ 100 〜φ 1,500(φ 1,230 φ 1,000)
内径 φ 70 〜φ 1,470(φ 1,200 φ 970)
リング幅 15 〜 490
φ 500 以下-0 〜 +3
上記以外-0 〜 +4
中抜き異形切断 板厚 1t 〜形状により150t まで可能
外寸 100 × 100 〜 1,525 × 1,525
中抜き部 1 辺70 以上または径φ 70 以上
角R Rなしまたは20R以上必要
全サイズ 片肉につき-0 〜 +4

* 異形切断の切断可能範囲は、外接する四角形の寸法を示してあります。
また、上記範囲内でも形状によっては切断出来ない場合がありますので、事前にお問い合わせください。

↑ページのトップへ戻る

ステンレスバンドソー異形切断

異形切断の形状例

  • L型
  • 凸型
  • 角落とし

切断可能範囲・切断寸法公差(mm)

  • L型切断◎切断可能範囲
    ・板厚4t〜65t 30角以上420角以下
    ・A→15ミリ以上 B→5ミリ以上
    ◎切断公差 −0〜+3ミリ
  • 凸型切断◎切断可能範囲
    ・板厚4t〜65t 30角以上420角以下
    ・A→15ミリ以上 B→5ミリ以上
    ◎切断公差
    @−0〜+3ミリ A−0〜+6ミリ
  • 角落とし切断◎切断可能範囲 (MIN75角 MAX対角の長さ550以下)
    ・板厚4T〜65T
    巾75以上〜200以下 →長さ500以下
    巾201以上〜350以下 →長さ420以下
    ・コーナー10C以上
    ◎切断公差
    @−0〜+3ミリ A−0〜+6ミリ
  • * フライス加工+異形切断も可能ですが、形状によるため、その都度事前にお問い合わせください。

↑ページのトップへ戻る

Copyright © SHINX CORPORATION All rights reserved.

ページ上部へ